生活のひとコマを綴る。        リンクフリー。


by Astriana

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

春のできごと ⑫

c0212275_1454488.jpg
戦利品紹介です。上がCake server 左下がfish server 右下がDustpanです。今回は大物ぞろい。

 ■Viernes Santo(聖金曜日)とディスカウント

 イースター休暇にアンティーク・フェアへ行ってきました。いつも行くアンティーク市にさりげなく置かれていた小さな小さなビラを見逃さなかった夫が発見した一日限りのアンティーク市。しかもViernes Santo(聖金曜日)オンリー。ちょうどその日は義兄が来ており、義母・友人達とのランチの予定が2時にあったので早朝からかっとんで行ってきました。車で1時間ほど離れた街はずれの、何と言うのだろうか…市の講堂のような場所でアンティーク市が行われていました。

 行く車中、夫が「そんな大袈裟なアンティーク市じゃないと思うなぁ。このビラの感じじゃぁね。テーブルを並べてちょこちょこ売ってるだけだろうけど」と消極的なコメント。「まぁ、そうかもね」と相槌を打ち、夫がビラを頼りに車を走らせていると街のはずれもいいところ、しかもおおらかな文字でAntique Fairと殴り書きされたダンボールが交差点に・・・・・期待どおりになりそうと不安がよぎる。車はどんどん田舎道、両サイドに広がる畑が・・・不安がまたよぎったとき、車がぞくぞくと駐車されていたので、私達もそこに駐車してポツポツ歩いてゆく人の後に続いてみると、講堂の内にはぎゅーーーーっとアンティーク・ブースが連なっており、すっごい人ごみ!

 小さい小さいビラと見くびっていた!すごいです。各ブースの品揃えたるや、ここはイギリスでしたけ?ってくらいのボリューミィーさ。しかも正統派アンティークがメインで、私が期待したようなアンティーク雑貨はほとんど見当たらなかったけれど、イギリスの純銀製カトラリーにおいてはよりどりみどり。値段もピンからキリまで、うまく交渉すればディスカウントOK。おかんもビックリの交渉テクニックで行きまショーって具合に、念入りに各ブースチェック。

 各ブースを見ているうちに「あれ?」と思い、「んん?どこかで…」と小首をひねる。いくつかの売り手の人に見覚えがあるなぁーと思っていたら、「いつも行くアンティーク市のいくつかのブースもここに出展してるね」と夫が解明してくれた。毎週のように通っている私達なので顔見知りもいて「Hi, Good Mooning!」と挨拶してくれた。

 各ブースの売り手の大多数がイギリス人、少数がオランダ・ドイツ人で共通語は英語でやりとりをされていて、買い手はイギリス人・オランダ人・ドイツ人・スペイン人なんですが、ここで問題なのがスペイン人。先日ニュースでも「スペイン人はなぜ英語が話せない?」とシニカルに報道されるほど英語の浸透率が低いので(←話せる人は話せる)、とくに年配の方はまるっきりわからない方が多くて、売り手買い手のコミュニケーションができない。

 私が物色している隣りでかみ合わない英語×スペイン語会話が繰り広げられることしばしば。お節介かなぁと思いながら、買い手のスペイン人おば様に通訳してあげる(←あくまでも売り買い、年代、素材などの簡単な英会話。私の英語力は単語を並べる程度ですから。苦笑)。

 そんな事が何度となくあり、私の顔見知りのブースでも通訳をしてあげていたら、1800年代の細かい可憐なお魚と模様が彫りこまれた素敵な純銀製のfish server(写真左下)を発見! 獲物、ロックオンです。お値段は標準価格よりかなりリーズナブル! そう、ここのブースはいつもビックリするようなロープライス&ディスカウントで私の心をきゅんっとさせてくれる。今回も期待に応えた他のカトラリーにも横目に捕らえながら、いざfish serverのディスカウント! 私の場合は回りくどいことはせず単刀直入に「××Euro, Please」と出たとこ勝負で意気込んだら、あっさり「OK!」とな。かなり大幅なディスカウントだったのに、あまりのあっけなさにびっくりしていたら、「通訳してくれたから」と一言。

 ラッキーと思いつつ、じっくり他のカトラリーを物色していたら夫もやってきて一緒に物色。2人でピン! ときたのが1800年代の純銀メッキのDustpanでけっこう使い込まれてはいるものの、その形と彫りこまれた柄、持ち手の感触が素敵。でも我家はレストランでもないし、パンくずをはらうほどでもない…こればかりは実用度低しなため、しばし考え込む。でもピン! ときたら目が離せないし、他のお客さんにハラハラ…。そこで夫「もう買うしかないでしょう?」と決意表明し、私も頷き「あとはディスカウントするのみだね」と言うや、夫「うーん、ディスカウントかぁ」とにぶい。

 そう、夫は値切り交渉が得意でない。どうも“せこい”気がして嫌なんだそうな。そこで私が汚れになるしかない(笑)。値引き交渉OKな年末の上野アメ横でプロパーで買物しないおば様方のように、私も値引き交渉OKなアンティーク・フェアではそのチャンスを逃さないのだ。またもや大胆なディスカウントに挑むと、これまたあっさり「OK!」と天使の微笑み。夫もびっくりしているので事情を話したら「通訳して得したね」と笑った。

 そのあと他のブースで夫が欲しくなったのが純銀製のCake server、エリザベス女王戴冠記念とかで作られた1950年年代頃の物。アンティークというほどではないけど、シンプルで素敵。ここの売り手は夫と顔見知りなので、夫も「4Euro discount, Please」と可愛らしく値切っていた(←私だったらキリよく5Euro値切っていただろう。笑)。2時間あまりアンティーク・フェア内をウロウロしたあと、この3点をほくほくと抱えながら、急ぎレストランへ。

 「Viernes Santo(聖金曜日)に値切りって、バチあたりぽかったね」と夫が苦笑した。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by astriana | 2010-04-23 15:06 | Primavera

春のできごと ⑪

c0212275_0414615.jpg
夫の大好物の豆腐ティラミス。絹豆腐を買うたびに「ティラミス?」と聞いてくるけど、私の目的は凍り豆腐をつくることなんですよー。

■空白の時間

 微妙な時間帯、突然のできごと…という状況は幾度となく突然やってくる。微妙な時間帯11時過ぎに小腹が減り、突然日曜日に友人が昼食にやってくるとか。こういう状況は日本なら結構たやすく対処できるのが、何でもあっていつでも開いている商業ポリシーのおかげ。深夜のコンビニのおダシの薄いおでんの有難さ、24時間開いている人気まばらなスーパー。深夜にもかかわらず眠気スマイルつきで接客してくれるこんなサービスの良い国に住んでいたので、夜は寝るもの・バーで労働の疲れを癒すもの・日曜日は休むものというポリシーをかたくなに守るお国に住むと、いささか住みずらさを感じる。

 若きスペイン留学時代は“遊び第一、勉強二の次”(←親よ、ごめんなさい)だったんですが、スペインの商業時間になかなか馴染めず不便な思いをしました。当時のスペインでは朝が早いところでBarとCafeteríaが7時~8時にオープンして出社前のCaféや朝食をかっこむ人で賑わう。9時~10時頃からのろのろとスーパーやお店がオープンし始める。お昼過ぎ、1時くらいからぞくぞくと午前中の店じまいがはじまり、早いところで(←この場合たいていは個人商店)1時半には閉まってしまう。遅くて2時半くらいには完全に閉店状態…。はい、皆さん帰宅して家族そろってランチタイムです。2時半~5時まで(←信じられない…)。早くて4時過ぎから、遅くて5時からのろのろと午後の営業がはじまり、9時から10時頃に閉店。一日中開いているのがスーパーくらいで、大型ショッピングセンター内であっても各ショップは閉り、その中のスーパーだけは開いているという。

 そして日曜日と祭日は完全にお店は閉まっていて、唯一オープンしているのがCafé・Bar・Restauranteだけ。日曜日の街の静けさたるや…物寂しさいっぱいです。学校が終わるのが昼1時だと午後の営業時間まで待つしかないのでいったん自宅に戻り、午後に出直す(←面倒)。でもジムに行っていたので午後に買物ができない…という不便さ。とくに郵便局・市役所・銀行も午前中が勝負なので、朝からクラスがあるとなかなかうまい具合に事が運ばない。

 上記は私が留学した頃(←10年以上前)のスペインの某地方での生活リズム。今現在は首都マドリッドやバルセロナとかの一部のお店は日曜日でもオープンしているところもあるみたいですが、基本的な生活リズムは変わっていない。私がどうしても今だ慣れないのが、やっぱり午後2時~4時半まで閉店してしまうこの空白の時間帯。日本だったらもっとも動きのある時間帯のような気がするんだけど…。日本から観光で来られる人たちにとっても不便極まりないと思う。

 日本での行動パターンのクセで昼食を終えて一息ついたところで「さぁ、出かけようか?」と夫に言うと、時計をちらりと見て夫「うーん、もう少し待ったほうがいいよ。まだ早いから」と言った時の時間は3時…。今から出かけてもまだ店が閉まっている・・・・・・・・・・・ふ、不便だ!いつになったらスペインのこのゆるーい生活リズムに慣れるのだろうか・・・・?

人気ブログランキングへ
[PR]
# by astriana | 2010-04-22 00:44 | Primavera

春のできごと ⑩

c0212275_224123.jpg
パン作りは難しいー。このクグロフも改良の余地ありありです、トホホ…。

■買うべきか、作るべきか、それが迷いどころ…。

 美味しいパンがあふれているスペイン。スペイン各地方の味わいあるパン、欧州各国のパンが店頭に並んでいて、ご飯党だった私も朝食はパンがいいと思うように。多種多彩な日本のバリエーションには追いつかないにしても、素朴さ、噛みしめると小麦の味がひしひし感じるパンたちばかり。

 しかも私の大好きなバゲット系、ルスティック系、雑穀全粉系パン(←とくにオランダのパンは最高に美味しい)がすこぶる美味しい。つい買物に行くと買いたくなる。パンが充分あるのに…。前世でパンに飢えて死んだのか?自分?とつっ込みたくなるけど、やっぱり買ってしまう。

 これだけ充実しているとふと“作る必要性はあるのか?”と自答自問。ベーグルはあまり売っていないので作るしかないんだけど、それ以外は…うーむ、作る手間を考えると買った方がいいのだろうか。・・・・・・・・結果、スペインにないお惣菜パン&菓子パンだけは作ってみるかー?となりました。

 その第一弾がチョコマーブル・マンゴー・クグロフだったんですが…、難しい。水分、発酵加減、焼き加減が微妙すぎる。もっと精進せねば。


人気ブログランキングへ
[PR]
# by astriana | 2010-04-20 02:04 | Primavera

春のできごと ⑨

c0212275_0391651.jpg
去年の夏の終わりの暑い日に作った餃子(豚肉使用)。夏のスタミナ補給にパクパクと。

■無心の包み作業-②

 チマチマした作業が結構好きな私ですが、それに熱中すると自分の限界に挑戦するかのように完璧に成し遂げたくなる。その一つに“包み作業”がそう。前回でもちょっと触れましたが、母の包む餃子は完璧です。機械のごとき動きで具(←計ったことないけど、おそらく同じグラム)を皮にのせ、ちゃっちゃと等間隔でひだをよせて包み上げる速さは1個10秒ほど。これが早いか遅いかはわからないけど、私の目には早い。この手際で子供の頃は4人家族50個分(←食べ盛りの私と兄がいたので。苦笑)をパパッと包み上げていた母。

 その横で“お手伝い”と称した私が一緒に包むが、もったらもったらした動き、手先まで命令が脳伝達されていないかのごとく具と皮がよれるわ、はみだすわで大騒ぎ…沈黙。母の教え方はさっぱりとしていて「こうやるのよ」とやや速度をおとして見せてくれた。教えられてもなかなか上手にいかず、夕食時「この変なのは?」と兄につっこまれ、落ち込んだものです(←気遣えよ、兄!笑)。

 この手の包み作業って、経験と慣れ、カンなくしては収得できないと思う。話はそれますが、高校時代に雑貨屋さんで超短期アルバイトをしていました。偶然通りかかったら張り紙があったのでそこへ申し込んだという。それまで私は雑誌の編集のアルバイトをしていたので小売業ははじめてで、覚える事がおおくて戸惑いましたが、その中で一番困ったのが“包装”でした。

 先輩がレジの横で適当な箱で包装の仕方を教えてくれた。その教え方は丁寧だったのですが、どこか母を彷彿させる感じにさっぱりと。ウチで餃子をもったらもったら包むのとは訳が違うので、私はアップアップ。雑貨屋で包装となればそれはプレゼント、贈り物なわけで、キレイに包まねばという焦りで緊張。小さい箱で挑むも、箱を包装紙のどこに置くかがイマイチわからない。あーしてこーして箱を転がして包むも上手くいかない、なぜだ!と大汗。

 やれやれと「じゃぁ、ここで少し包装の練習してて」という言葉に顔をあげて、先輩を見た私の顔にはきっとはっきりと、でかでかと「?」という文字が浮かんでいたに違いない。思わず私が「ここで、ですか?」と聞き返すと、「そうよ、このレジの横で」と先輩が不思議そうな顔をした。「放送の練習ですか?」と聞き返すと、さらに先輩が「そう!包装の練習をここでしてて」とお怒り気味に言い捨てて去っていた。

 そう、私はあまりのアップアップさで包装と放送を瞬時に聞き間違えていたんです。このレジの横で放送(店内)の練習をするの?どこにマイクあるの?!と内心ドギバクしていた…いっ、痛い、痛すぎる痛恨の勘違い。数分後に自分の聞き間違いに気づいたんですが、そのときの心境はもう穴を掘って掘って、堀りまくって埋まりたい!という恥ずかしさでした。でもここのバイトを辞めるまで毎回大汗をかきながら必死に包装した経験は忘れられません。

 そして社会人になってアパレルの仕事で包装する機会が定期的にあったんですが、ふと気づいたときには包装がいとも簡単にできるようになっていました。入社時に新社員の心得というか、研修の一環で包装は触り程度に習っただけなのに。退社する頃には包装が得意で得意で、イベントがあると私がせっせと包装していました。もしかしたらあのバイト(←抹殺したい過去ともいふ…涙)で何か包装のコツをつかんでいたのかもしれません。

 いま結婚してこちらに来てから夫に餃子や肉まんを作って食べさせてあげようと作ったある日。ふと気づいたら、包んだ餃子のひだが等間隔にチマチマとそろっていました。いくつか包んで並べてみると、不思議と母がちゃっちゃと包んでいた餃子に似ていました。いつのまに?どうやって?と自分で驚きました。まだ母の手際の良さには敵いませんが、子供の頃に母からさっぱりと教えられた事はいつの間にか私に伝わっていたように感じます。

 毎回、餃子を包むたび遠くにいる母を思い出します。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by astriana | 2010-04-16 00:47 | Primavera

春のできごと ⑧

c0212275_23171053.jpg
ニンジンたっぷり、うさぎも喜ぶキャロットケーキ。

 ■嫌いが好きになったとき

 子供の頃は母が厳しかった(←ある意味今でも充分厳しい)ので、食べ物の好き嫌いは有無を言わせず全て“好き”とみなされた。子供の頃本気(あんまり好きじゃない物はもっとあったけど)で嫌いだった食べ物は、食材ならゴボウがどうしても苦手(大嫌い)で、料理ならほうれん草の胡麻和え・おでんが嫌いでした(←さらに食感でいうなら軟骨ぽいコリコリしたもの。飲み物ならミルク入り、人工的に甘いもの)。

 実はゴボウは今でも大嫌いで、どうしてもゴボウ特有の泥臭さが我慢できない。どう調理しても無理で、まったく食べれない。どうしても克服できない食べ物はいくつかあるものの、年を重ねて“美味しさ”に目覚めはじめていくつか苦手だった食材・料理の8割方クリアーしてきました。不思議なものですね、あんなに子供時代は“うわ~、美味しくない”と嫌々食べていたのに、今ではほうれん草の胡麻和えもおでんも大好物。胡麻和えに至っては我家の定番お惣菜で、夫も大好物。

 味覚ってじょじょに変化してくるものなんですね。今ではこじゃれたモダンな料理より、祖母が作ってくれた料理が美味しい恋しいと思うようになりました。私の場合海外在住というのもあるけど、日本食はやっぱり美味しい。

 話はとんで、スペインに来てから克服した物の1つがニンジン。昔からあんまり好きじゃなかったんですが、こちらのニンジンって細くて短くて見た目が妙に頼りなくって、でもポトフにしたり炒めたりするとすっごく甘い。売られている様はふさふさした葉をポニーテールのように縛り上げられ、オレンジ色の脚線美をなげだした姿は目にも愛らしい。我家では葉だってキレイに洗って、混ぜご飯やパスタの彩りに使ってしまう。

 克服するきっかけはずばりパウンドケーキ!ほそっこいニンジンゆえ、早めに使い切らないと悲しいくらいシワだれた乾燥ニンジンになってしまう。ある日、3本ほど微妙なニンジンが残っていたので“いっちょ、作っとく?”って感じで、ウォルナッツ・オイルのシフォンベース生地で“こんな感じ?”と自答自問しながら(←私、独り言が激しい。笑)適当に作ったら意外と“むむ、美味しいぞ、これは”とまぐれ当たり。夫も例の「ウーォッ!オーイシィィ!」とおったけびを上げて食べてくれました。

 それからと言うものニンジンが余りそうになると『パウンドケーキ救済』が発令するわけです。そのたびにアレンジしたがりなので毎回改良を加えていったら自分なりに美味しいニンジン・パウンドケーキが焼けるようになりました。バターベースよりオイルベース生地の方が、ニンジンは摩り下ろすより粗みじん切りの方が…とか研究してるのにメモらないからレシピが残らない…。次回こそメモらんとね、しっかり。

 克服したら、好きになったら一途な方(←?)なので、がんがん食べまくります。今まで食わず嫌いをして失われた時間を取り戻すかのように、巻き返しにかかります。ローストにして、ポトフにして、煮物にして、ニンジン豆腐ハンバーグにして…とあらゆる手段を使って食べまくりました。すっかりニンジン克服。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by astriana | 2010-04-12 23:18 | Primavera

* información *

c0212275_6252962.jpg

*自己紹介*

■HNはmallorquina
■スペイン在住 (5年目)
■スペイン人夫+やんちゃざかりの愛犬ショコラ色のトイプードル。
■料理本&旅行本の収集が趣味。
■スポーツ大好き。毎日早朝ウォーキング6キロ、ヨガに筋トレを欠かさない。
■ソフト・ベジタリアン(お肉はいっさい食べません)を実践中。


■本家ブログ


掲載写真の無断使用・画像転載・二次利用はお断りします。

copyright (c) 2010-2011
Astriana All rights
reserved.  

ライフログ

*欲しい物リスト*

野菜でパーティ!マクロビオティックの楽しいテーブル---エスニックからイタリアンまで、野菜・豆・雑穀・海藻がたっぷり


おいしい奇跡!LOVEプチマクロ


VEGE BOOK 4 カフェエイトのヴィーガン和食

カテゴリ

全体
Viaje
Invierno
Primavera
Verano
Escandalo de Verano
Otoño
Entre las Estaciónes
Año Nueno

以前の記事

2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧